ポケモンGO たまごの孵化を効率よく行う方法

「ポケモンGOの卵の孵化を効率よく行う方法」

に関する記事になります。

いつもご覧頂きありがとうございます。

ポケモンGOでは野生で
ポケモンをゲットする他に
たまごを孵化させて
ポケモンをゲットする方法があります。

なので今回は、
卵の孵化を効率よく行う方法
について紹介していきますね。

 

スポンサードリンク





▼卵を孵化させる方法は?

 

まず、たまごを入手する方法ですが、
基本としてはポケストップでの入手になります。

 

他には、トレーナーレベルが
上がる時に入手できたりします。

 

この入手したたまごは
ただ持っているだけでは
孵化しません。

 

「ふかそうち」という
たまごを孵化させる
専用の道具を使用することで
たまごの孵化が可能。

 

私は最初、たまごの孵化の
仕方がわからなかったので
課金しないとできないと思ってました。笑

 

ふかそうちを使用する時には、
画面下のモンスターボールボタンから
ポケモン→画面右上のたまごボタンで
所持中のたまごを確認できます。

 

そこから孵化させたいたまごを
タップすれば、
孵化装置の選択画面になり、
たまごを孵化装置に
入れることができるわけです。

 

たまごには、

 

2Kmのたまご

5Kmのたまご

10Kmのたまご

 

この3種類あります。

 

それぞれの距離を歩くことで
たまごが孵化するってわけです。

 

当然、10Kmのたまごが
入手できるポケモンの
レア度は高くなります。

 

各たまごの当たりについては
こちらで紹介してます^^

⇒ たまごから孵化するポケモンの当たりはこちら

 

しかし、たまごの孵化には
注意することがあります。

 

◆たまごの孵化の注意点

たまごの孵化に必要な
距離のカウントは
ポケモンGOのアプリを
スマホの画面に表示している時のみ。

 

・アプリを起動していない場合

・バックグラウンドでアプリを起動している場合

・スマホ本体のスリープ機能が作動している場合

・時速10km以上の速度で移動した場合
(完全にカウントされないわけではない)

 

このような時は、
たまごの孵化に必要な距離は
基本的には増えていきません。

 

ポケモンGOのアプリの設定で
バッテリーセーバー機能があるんですが
その機能をONにしている時は
画面が暗くなっても
距離はカウントされてます。

 

私はバッテリーセーバー機能を
ONにしてるんですが、
画面が暗いままから
明るくならなかったりするので
人によってはうっとうしく
感じるかもしれませんね^^;

 

◆孵化装置を入手する方法

孵化装置には、

 

・ムゲンふかそうち

・ふかそうち

 

この2種類があります。

 

何度もたまごを孵化することができる
「ムゲンふかそうち」は最初から
持ってるんですが、
1つだけではかなり効率が悪い。

 

通常の孵化装置は

 

・トレーナーレベルのアップ

・ショップで150ポケコインで購入

 

この2つの方法で入手可能。

 

と言っても、
通常の孵化装置は
孵化の回数制限があり、
3回の使用制限があります。

 

ムゲン孵化装置を
たくさん入手できればいいんですが
そうもいきませんよね。笑

 

じゃあ、たまごを効率よく
孵化させるにはどうしたら
いいんでしょうか?

 

▼卵の孵化を効率よく行う方法は?

 

卵の孵化を効率よく行う方法ですが、
当然、複数の孵化装置を
使用することになります。

 

ただ、孵化装置には
数に限りがあるので、

 

通常の孵化装置

 

10Kmのたまご

5Kmのたまご

 

この2つのどちらかをセットします。

 

ムゲンふかそうちには
2Kmのたまごをセットしましょう。

 

というのも、
たまごの所持数は9個が限度。

 

このたまごは道具を違って
捨てることができません。

 

さらに、ポケストップで
2Kmと5Kmのたまごは入手できます。

 

すぐ手持ちにいっぱいになるわけ。

 

なので、がんがん孵化を
させていかないといけないわけです。

 

10Kmのたまごの方が
レア度の高いポケモンを入手できるので
通常の孵化装置には優先して
10Kmのたまごをセットして
10Kmのたまごがない時に
5Kmのたまごをセットしましょう。

 

こうやって、孵化を効率よく
行っていけば、

 

トレーナーレベル上げに必要なXP

ほしのすな

ポケモンのアメ

 

これらをどんどん獲得できます。

 

時速10km以上の速度で
移動している時は感覚的には
全くカウントされないことはなく
意外に距離を稼いでたりするので、
車移動が多い場合は、
アプリを起動させた状態で
距離を稼ぐのもおすすめ。

 

ただ、車の移動中は絶対
アプリの画面をみないようにしましょう。

 

あくまで距離稼ぎのために
アプリを起動させておくだけです。

 

ちなみに、たまごを孵化させる方法は
裏技のようなものも存在するので
もし環境が整えば試してみてください。笑

⇒ 卵を孵化させる裏技はこちら

 

▼卵の孵化を効率よく行う方法まとめ

 

卵の孵化を効率よく行う方法について紹介していきました。

 

たまごの孵化を効率よく行うには、

 

10Kmのたまごをふかそうちにセット
(10Kmのたまごがない場合は5Kmのたまご)

2Kmのたまごをムゲンふかそうちにセット

 

これで効率よくたまごを孵化することが可能。

 

そして、なるべくなら
たくさんの孵化装置で
たまごを孵化させたほうが
効率がいいです。

 

私も頑張って孵化させてるんですが
当たりという当たりのポケモンは
まだ全く出てきません。笑

 

通常の孵化装置は
トレーナーレベルを上げることで
入手することもできます。

 

なので、序盤は
トレーナーレベルを
上げることに集中して
ふかそうちが複数集まったら、
一気にたまごを孵化させるのもあり。

 

トレーナーレベルを効率よく
上げていく方法としては
ポッポマラソンがおすすめ。

 

ポッポマラソンについては
こちらの記事でまとめてるので
一緒に確認しておいてください。

⇒ ポッポマラソンでXPを稼ぎまくる方法はこちら

 

トレーナーレベルのアップに必要な
モジュールやしあわせタマゴがあれば
トレーナーレベルがアップして
高CPのポケモンやレアポケモンも
ガンガンGETすることが可能。

 

強いポケモンを手に入れて
ジムにたくさん自分のポケモンを
配置するためにポケコインが欲しい!

 

そんなあなたに、
おすすめの情報があったので
シェアしておきますね^^

⇒ ポケコインを無料で貯めてレアポケモンがGETできる!?

 

ただ、好評のようでこの方法は
終了する可能性があるみたいです。

試すなら今ですよ!

 


おすすめスマホゲーム一覧

おすすめスマホゲーム一覧
 


スポンサードリンク

おすすめの関連記事はこちら!

おすすめスマホゲームをピックアップ!

 無料で遊べる最新スマホゲームアプリを公開中!

どれも無料で遊べるので、どんなゲームがあるのか下記の画像から試しに見てみてくださいね♪

▼おすすめスマホゲームはこちら▼

コメントを残す