デルピエロの移籍がインドリーグへ確定!?サッカー引退後の本業は?

スクリーンショット 2014-08-28 13.09.14

 

元イタリア代表FW、ユヴェントスで世界を魅了した、
アレッサンドロ・デルピエロ(39)は、インド・スーパーリーグ移籍が濃厚になった。

 

所属していたオーストラリアのシドニーFCと契約が切れ、

 

今後の動向が注目されていて、

 

当初は日本でプレイする可能性もありと話題になりましたが、
インドへの移籍がほぼ確定とのこと。

 

移籍することになりそうなクラブは、
デリー・ディナモスが有力。

 

デルピエロのプレイはやっぱり、
2002年の日韓W杯メキシコ戦での同点ゴール。

 

メキシコ戦での同点ゴール
↓ ↓

 

途中交代から裏に抜け出してのゴールは本当に素晴らしかった。

 

そのデルピエロが生まれた国イタリアはファッションの聖地としても有名。

 

ファッションの聖地の生まれというだけあって、スーツ姿が似合いますね!

 

スクリーンショット 2014-08-28 13.10.55

 

イタリアのサッカー界を引っ張ってきた1人と言っても過言ではないですが、
サッカーをプロとしてプレイするのを引退したら、
モデル業にも参加してほいですね。

 

ファッションもデルピエロのように世界で戦って
いろんな挑戦を積み重ねてきた人がモデルになるから、
きちんとした大人の魅力を伝えることができると思います。

 

ただ外見だけを着飾るんじゃなく、
体もある程度はトレーニングで鍛えて心身共に磨き上げる。

 

だから、オシャレ度がグンっとアップしていんです。

 

デルピエロの自伝本「デルピエロ〜真のサッカー選手になるための10の心得〜」

 

この本を見てみると、心身共に磨き上げることの大切さがわかると思います。

 

スクリーンショット 2014-08-28 14.30.24

 

ちなみにデルピエロは、移籍予定のインドでは、
新設されるリーグのブランド・アンバサダーにも就任するんだそうですよ。

 

親日でも知られるデルピエロのプレイを日本で見たかったですが、
デルピエロのプレイがまだ見れるだけでもよしとしましょう!

 

イチローが通算安打数ランキング1位になるのはいつ!?

スクリーンショット 2014-08-28 14.51.31

 

ヤンキースのイチロー選手が
日米通算安打数が歴代3位となる安打をとうとう打ってくれました!

 

26日(日本時間27日)のタイガース戦の「9番・レフト」で先発出場。

 

メジャー通算では、2822本目(2014年8月27日時点)で、現在歴代48位。

 

日米通算では4100安打となる記録。

 

『メジャー通算3000本安打を記録するまでイチローはプレイできるのか?』

 

と、地元ニューヨークでは話題になってるらしいですが、
果たして大記録達成なるんでしょうか。

 

個人的には達成する&達成してほしい!という、
確信と願望の両方が沸き立っていますが、

 

歴代の通算安打記録はどうなってるんでしょう?

 

◆通算安打数のランキング◆

1位 ピート・ローズ→4256安打

2位 タイ・カップ→4191安打

3位 イチロー→4100安打

 

メジャー通算では2822安打のイチローですが、3000本安打まで後178安打。

3000本安打を達成すると、メジャー通算では、ロベルト・クレメンテと並ぶ28位。

 

しかし!!

 

この178安打を通算安打数に足すと、

 

な、なんと!!

 

4278安打で、1位のピート・ローズを抜いてしまうんです!!

 

こんな事実が判明したとわかれば、
イチローに3000本安打を絶対達成してほしいですね!

 

イチローならいけると思います。

 

世界的大記録を樹立するイチローの姿をここ数年の間で見れる日も近いようですね。

 

アメリカだけでなく、世界にそのプレイを魅せ続けるイチローは言っています。

 

『小さいことを重ねることが、

とんでもないところに行くただひとつの道。』

 

出場機会が減っても、自分の仕事を確実にこなしていく。

 

世界的大記録を目前にしているのは、
この小さなことを積み重ねる姿勢がずっとあったからでしょう。

 

イチローから見習うべきところがたくさん!

 

メジャーでのイチローのさらなる活躍をどんどん応援していくとしましょう!

 

亀田興毅の資格更新に予想通りの結果が、、、

スクリーンショット 2014-08-25 22.12.27

 

元世界3階級王者でもある亀田興毅の
ボクサーライセンス更新の件でとうとう結果が、、、

 

結果は、

 

日本ボクシングコミッション(JBC)は

 

更新を認めないと発表しました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

ライセンスの更新ができないということは、
国内での試合が出来ないっていうこと。

 

この騒動で色々意見はあると思うけど、

 

僕は正直なんでこんな騒動が亀田兄弟ばっかり続くんだろうか?

 

って思ってます。

 

僕は亀田三兄弟が本当にちっちゃい頃から
テレビで必死こいて、練習してる姿を見てきました。

 

もちろん当時はテレビで取り上げられるもほぼ無名。

 

ボクシング三兄弟で話題性はありましたが。

 

亀田三兄弟の言動にはいき過ぎてるところはもちろんあると思います。

 

だけど、彼らの努力は「本物」

 

あそこまでの練習をちっちゃい頃からこなすなんて、
相当な根性がないと出来ない。

 

試合中にもあってはいけないような事件もありましたが、
それでも心の片隅では三兄弟を応援してる自分がいます。

 

あそこまでの努力を積み重ねてきてるんだから、
ドンッと構えておけばいいのにと思ったりもする。

 

もちろん、彼らのキャラクターでもあるが。

 

あんな尋常じゃない訓練してきてるんだから、
心身共に磨かれているはず。

 

こんなに話題になるんだから、
やっぱり注目したくなる人間なのは間違いない。

 

話題性があるとかそんな浅い話じゃない。

 

次から次へといろんな壁が出てくるのは前に進んでる証拠。

 

長男の亀田興毅を筆頭に大毅、
和毅の3人揃って昔みたい一緒に訓練してる姿がまたみたいなー!

 

世間からいろんな言葉を向けられるのは当然のこと。

 

そんなやわな精神じゃないのはもちろんわかってるから、
今度はさらに一皮向けた3人を
国内で戦ってる姿を観れる日を楽しみにしてます!!

ユーベ戦で本田3選連発ゴールの評価は?

本田がユヴェントス戦でプレシーズンマッチ3戦連続のゴールを決めました!

 

ブラジルW杯以来、日本、海外問わず酷評の状況。

 

しかし、23日のミラン戦では直接フリーキックを決めるなど

調子もどんどん上げてきて、

 

まわりからの評価もようやく上がってきたか!?

 

そう思ったんですが、意外にも評価が2つに分かれているみたいなんですね。

 

ミラン戦の直接FK、イタリア紙のガゼッタ・デッロ・スポルトではこのFKを

 

「王者に値する」

 

と評価は高いよう。

 

しかし、一方では17日のバレンシアとの親善試合で、

コーナーキック(CK)を2本蹴ったんですが、

イギリス紙メトロでは、そのCKは

 

「至上最低」

 

と、そのままの通り最悪の評価。

 

本田へのメディアの評価は大きく2つに分かれてますが、

試合を重ねるにつれてプレイのクオリティも上がってきてるようで、レギュラー獲りに猛アピールできてるような感じがします。

 

監督がフィリッポ・インザーギに変わり、いろんな起用法が囁かれている中、

どうも、4ー3ー3の「右ウィング」、または「中盤起用」も有力候補にあるらしい。

 

メディアの評価や監督の意向などたくさんあるだろうが、

本田にポジションを選ぶ余裕なんてないのが感想。
でも、僕は信じてますよ。

あれだけW杯以降叩かれながらも

海外陣で結果を出していってるのは実際、本田ですし。

 

まわりがごちゃごちゃ言おうが、魅せる時は魅せる。

そんな本田の姿をイメージしながら影ながら応援しようと思う。