W杯のフェアプレーポイントの仕組みは?日本代表が予選突破したポイント

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦で、日本代表とポーランド代表が対戦しましたが、日本は2大会ぶりのグループリーグ突破を決めました!

次は、どう転ぼうともイングランドかベルギーにあたるので今まで以上に厳しい戦いになるでしょう!

今回は、このサッカー日本代表がグループリーグを突破した決めてとなるフェアプレーポイントについてお伝えしていきますね!

 

サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のおすすめ関連記事

>>サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のゴールまとめ(アフリカ〜ロシア大会)

 

スポンサードリンク




 

サッカーW杯2018のフェアプレーポイントの仕組み

 

日本代表が2大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たしましたが、その要因として「フェアプレーポイント」があります。

 

2位と3位の勝ち点が同じの場合、得失点差で順位が決まるんですが、それでも順位が決まらない場合は、このフェアプレーポイントで順位が決まります。

 

フェアプレーポイントは読んで字のごとく、フェアなプレーをしていたかどうかで、反則の数が重要になります。

 

簡単に言うと、予選リーグでもらったレッドカードとイエローカードの枚数によって、マイナスポイントが少ないチームが上位に上がるようになります。

 

警告によるマイナスポイントは以下の通りです。

イエローカード×1枚→マイナス1ポイント
イエローカード×2枚もらってのレッドカード→マイナス3ポイント
1発退場のレッドカード→マイナス4ポイント
(イエロー×1枚)+(1発退場レッドカード×1枚)→マイナス5ポイント

 

上記のようにリーグ戦の1試合で1試合でもらった警告のポイントがリーグが接戦の時に重要になります。

 

サッカーW杯2018の予選リーグで日本代表が予選突破したポイント

 

では、今回のサッカーW杯2018の予選リーグでポーランドに0−1で負けながらも日本代表が決勝トーナメントに進出したポイントですが、先ほど説明したフェアプレーポイントが重要になってきます。

 

グループリーグの2試合を終えて、日本とセネガルの勝ち点は4で同じ。

 

得点も失点4ずつで得失点差もなし。

 

そして、第3試合も

日本VSポーランド→0ー1

セネガルVSコロンビア→0ー1

上記のようにまた同じになり、得失点差も同じになります。

 

ここで、フェアプレーポイントが登場!

 

日本は3試合目が始まる時点で、マイナス3ポイント。

セネガルは3試合目が始まる時点で、マイナス5ポイント。

 

3試合目で日本は、DF槙野智章がイエローカード1枚でマイナス4ポイント。

3試合目でセネガルは、FWムベイェ・ニアンがイエローカード1枚でマイナス6ポイント。

 

このまま試合が終わり、マイナスポイントが少ない日本が決勝トーナメントに進出したというわけです!

 

ここでフェアプレーの精神が生きたんでしょうか!

 

まさか、フェアプレーポイントにまでもつれ込むとは思っていませんでしたね。

 

このフェアプレーポイントで順位がつかない場合は、抽選になるので本当の運。

 

日本がレッドカードをもらっていたら十分ありえる展開でしたし、本当にギリギリの戦いでした。

 

ここまできたら、初のベスト8を目指して頑張ってほしいですね!

 

<おすすめ関連記事>

>>サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のゴールまとめ(アフリカ〜ロシア大会)

 

スポンサードリンク




おすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA