サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のゴール動画まとめ(アフリカ〜ロシア大会)

サッカーFIFAワールドカップに出場してから、記憶に残るゴールシーンをたくさん見せてくれた日本代表。

過去のゴールシーンから世代交代をしていきつつ、今後日本代表をひっぱり活躍していく選手は彼らだなと思わせられるシーンも出てきますよね。

そこで今回はサッカー日本代表が今まで本大会で決めてきた過去のゴールシーンをまとめていこうと思います。

あなたの記憶に残ったのは、いつのワールドカップのゴールシーンですか?

 

サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のおすすめ関連記事

>>W杯のフェアプレーポイントの仕組みは?日本代表が予選突破したポイント

 

サッカーFIFAワールドカップ(W杯)2018 ロシア大会のゴール

 

日本VSベルギー(ラウンド16):結果 2-3

前半0-0で終わり、後半の序盤に柴崎岳のスルーパスで原口元気が貴重な先制の1点を決めます。

その直後に乾がベルギーのDFの隙間を狙った綺麗なミドルで2点目を獲得!

このままの流れで強豪ベルギーに勝ってしまうのか!?と思われましたが、ベルトンゲンがシュートは思えない折り返しのヘディングでボールが高く上がり、キーパーの頭上を越えボールはそのままゴールへ。

1点目が入って勢いづいた”赤い悪魔”はしんちょう194cmのフェライニが豪快ヘッドで2点目。

そして、最後最後のアディショナルタイムの終了ギリギリにベルギーはカウンターで3点目を決め、日本は破れてしまいます。

 

日本VSセネガル(グループリーグ):結果 2-2

1点をリードされる展開で、柴崎がロングボールを左サイドの長友へ送り、このボールで長友がペナルティエリアに切り込んでいきます。

そこから、乾へ絶妙なパスをし、乾が得意な角度からのシュートで同点に追いつく貴重な1点をあげます。

しかし、日本はその後も追加点でセネガルに1点リードされる状況に。

そして、交代で出場した本田が大迫のクロスを冷静に決め、同点に追いつく貴重な同点の2点目をあげました。

 

日本VSコロンビア(グループリーグ):結果 2-1

前半開始直後に、大迫が放ったシュートが止められ、それを香川がさらにダイレクトでシュートするのですが、そのシュートが相手DFのハンドを誘いPKを獲得。

PKを獲得した香川がPKを決め1点目獲得。

1人少ないコロンビアを相手に同点弾を決められ怪しい雰囲気。

しかし、途中出場でピッチに入った本田が獲得したコーナーキックで絶妙なボールをあげ、それを大迫が決め2点目。

試合を決める2点目でした!

 

サッカーFIFAワールドカップ(W杯)過去の日本代表のゴール

 

2018年のFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表は悲願のベスト8を前にベルギーに敗退しました。

しかし、サッカー日本代表の歴史に確実に残るような熱いプレーを見せてくれました!

では、以前のサッカーワールドカップ(W杯)では、日本代表はどんなゴールを決めているのでしょうか?

 

サッカーワールドカップ(W杯)2014 ブラジル大会

日本代表候補として選出されるメンバーは以前よりも海外の有名クラブでプレーする選手が増えてきました。

本田圭佑、香川真司、長友佑都などが日本代表の中心になったのですが、どんなゴールが生まれたか振り返ってみてください。

 

日本VSコロンビア(グループリーグ):結果 1-4

前半のアディショナルタイムに本田が岡崎へアシストしてのゴールシーン。

 

日本VSコートジボワール(グループリーグ):結果 1-2

前半15分に長友からのパスを本田が受けゴール!

 

サッカーFIFAワールドカップ(W杯)2010 アフリカ大会

決勝トーナメント1回戦でパラグアイと激突!

最後までお互いにゴールを決めることができず、PK戦にもつれ込むも惜しくも負けてしまいます。

 

日本VSカメルーン(グループリーグ):結果 1-0

松井が右サイドからあげたクロスボールを本田が受けてゴール!

 

日本VSデンマーク(グループリーグ):結果 3-1

本田の直接フリーキックで1点目。

遠藤の直接フリーキックで2点目。

ペナルティエリア内で本田が岡崎へパスをし3点目のゴール!

 

サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のゴール(アフリカ〜ロシア大会)のまとめ

 

今回は「サッカーワールドカップ(W杯)日本代表のゴールまとめ(アフリカ〜ロシア大会)」について紹介していきました。

 

2018ロシア大会では優勝候補のベルギーに勝ち、ベスト8に進出できるのか!?と思えるほど相手を追い込みましたが、惜しくも破れてしまいました。

 

本当に悔しかったですが、次回のワールドカップこそは悲願のベスト8進出を目指して4年間準備してほしいですね。

 

<おすすめ関連記事>

>>W杯のフェアプレーポイントの仕組みは?日本代表が予選突破したポイント

 

スポンサードリンク




おすすめの関連記事はこちら!

2 件のコメント

  • 日本がベスト16まで勝ち上がった大会のゴールが印象に残ります。
    今大会はセットプレーでの得点シーンがかなり増えた気がします。これからはセットプレーの出来が重要になってくるでしょうね。

  • 16強へ後一歩でした。本当に惜しかったですね(>_<)。今回良かったのは、ビデオ判定が導入されたので、審判員の技量のみに頼っていた従来に比べてより判定に公正さがでた事ですね。PKやセットプレーが勝敗を決めるのが増えてくると思われますね。見るのに良かったなぁと思います。 以上

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA