春分の日2019年!食べ物や子供向けの伝え方は?

ウミ
春分の日って何となくはわかるけど、具体的にどんな日なのかって言われたらわからないよね。

 

春分の日は数ある祝日の1つとし知っている人がほとんどだと思うんですが、実際はどんな日でどんなことをするのかわからなかったりしますよね。

 

なので今回は、

  • 春分の日とはどんな日なのか
  • 春分の日にまつわる食べ物やなぜそれを食べるのか
  • 春分の日の簡単な子供向けの伝え方

などをメインにまとめていきますね。

 

 

 




 

春分の日にまつわる食べ物は?なぜそれを食べる?

何か特別な日や特定の行事などでは、その行事専用の食べ物があったりしますよね。

春分の日もその例外ではなく、春分の日に食べる食べ物があります。

 

春分の日の食べ物は「ぼたもち(牡丹餅)」

ぼた餅はどんな食べ物かというと、餅をあんこで包んで、その餅にきな粉などをかけて食べる和菓子のこと。

 

ぼた餅を春分の日に食べる理由

春分の日の食べ物がぼた餅の理由なんですが、ぼた餅に通常使われる材料に「小豆」がポイント。

春分の日は、先祖や自然の恵みをありがたく感謝する日でもあります。

そこで、当時高価な材料でもあったもち米や砂糖を使う料理が出されるようになったことが、まずぼた餅を春分の日に食べるようになったきっかけです。

さらに、小豆の色が朱色で、朱色には邪気を払うパワーがあると言われています。

その邪気を払うパワーを持つ小豆を使った「ぼた餅」で、ご先祖様を供養するということも理由で、ぼた餅を供え食べるのが習慣的になったのが春分の日のようです。

 

ぼた餅の名前の由来

ぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」と書くのですが、この漢字にも意味があります。

これは牡丹と言う花が由来で、牡丹は春に花を咲かせ百花の王とも言われ、その百花の王と呼ばれる理由が、幾重にも重なった花びら。

この牡丹の花が由来で牡丹餅となったそうです。

 

牡丹の花がこれ↓↓

確かに花びらがたくさん重なったような花で綺麗ですね♪

 

ぼた餅とおはぎの違い

ぼた餅を見て、「え?おはぎじゃないの?」と思った人がいるかもしれません。

じゃあ、ぼた餅とおはぎってどう違うの?っていうところになりますが、ぼた餅とおはぎは本来は全く同じお菓子のこと。

ただ、名前が違う理由が「食べる時期が違う」から。

 

ぼた餅とおはぎの違い
  • ぼた餅
    春分の日に食べる食べ物
    牡丹の花にちなみ牡丹餅(ぼたもち)と呼ぶ
  • おはぎ:秋分の日に食べる食べ物
    秋の花である萩にちなみ御萩(おはぎ)と呼ぶ

このようにどの季節で食べるかで呼び方が違いますし、字についてもしっかりとした意味があるんですね。

 




春分の日とは?簡単な子供向けの伝え方は?

 

この春分の日ですが簡単に言うと、

自然をたたえ、生物をいつくしむ日で日本の祝日

にあたるんですが、これを子供に言っても、なかなか伝わらないと思います。

 

じゃあ、子供向けの伝え方はどうなるのか?ってなりますよね。

春分の日がどんな日か細かく説明すると長くなるのですが、

  • 昼と夜の時間の長さが一緒になる日
  • ご先祖様のお墓参りをする日
  • 自然や生き物を大切にする日

春分の日はこれらを行う日で、「ご先祖様に感謝をする日」ということを伝えてあげると子供にもわかりやすく伝わると思います。

 

自然や生き物を大切にするのは、子供には日頃から伝えると思いますが、春分の日はいつもよりもっと大切にしようねー!っと言ってあげるといいですね^^

このような行事の意味を子供にシンプルに伝えることで、日々子供の勉強にもなるので、伝えてみてくださいね。

 

春分の日2019年!食べ物や子供向けの伝え方は?まとめ

今回は「春分の日2019年!食べ物や子供向けの伝え方は?」ということでまとめていきました。

春分の日に食べるぼた餅にもしっかり名前の由来や食べる理由があります。

今回まとめたことを子供に伝えると、「春分の日ってどんな日〜?」と聞かれた時に、困ることもありませんね。

普段から感謝の気持ちを忘れずに、春分の日もしっかりどんな日かわかった上で過ごしていきましょうね!

 

春分の日とは?2019年、2020年はいつ?由来や決め方は?

2019年3月4日

春分の日とお彼岸、墓参りをする意味 ・理由は?

2019年3月5日

春分の日2019年!スピリチュアルとの関係

2019年3月5日