深山英世(レオパレス前社長)はなぜ取締役で残る?施工不良はいつから?

ウミ
レオパレスの問題ってここまで大きくなったけど本当に解決するのかな?

 

賃貸アパート大手のレオパレス21が建築基準法違反で巨額の赤字になってしまいましたね。

この責任をとって深山英世社長が退任し、取締役常務執行役員の宮尾文也氏が昇格し社長になることが決定したんですが、完全にレオパレスを去るのではなく、取締役として留任するそうなんです。

これには結構不満の声も多いようなんですが、なぜ取締役として残るようになったんでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 深山英世(レオパレス前社長)はなぜ取締役として残るのか
  • 建築基準法違反となる施工不良は創業時から行われていたのか
  • 深山英世氏の社長退任の世間の声

などをメインにまとめていきますね。

 

 




 

深山英世(レオパレス前社長)はなぜ取締役で残る?

 

レオパレス21の施工不良の建築基準法違反で、深山英世社長は退任することになりましたが、退任後は取締役として会社にとどまるようなんです。

今回の施工不良問題の責任をとるのであれば、てっきり、社長のポジションと一緒に辞任されるものと思っていたので意外でした。

 

で、なぜ深山英世社長は降格という形で取締役になったんでしょうか?

この取締役に残るようになった理由として、

オーナーとの信頼関係づくりなどを果たす役割がある

ということだそうです。

 

具体的にはどんな役割かというと、

  • レオパレスオーナーへの対応
  • 法人回りの今後の継続利用のサポート

ということを、深山前社長が話していました。

 

ただ、そのレオパレスオーナーへの対応が今までしっかりできていなかったから、今回の建築基準法違反の問題も出てきたと思うのですが。

本当に改善されるのかは今後のレオパレスの対応次第でわかりますね。

 

あと「経営体制の刷新を図るため、代表取締役を退任する」と言われていましたが、個人的には深山英世社長が取締役として残るのであれば刷新できてないんじゃないの?って思ってしまいましたね。

 




レオパレスの建築基準法違反は創業時から?

レオパレスの建築基準法違反となる施工不良ですが、そもそもいつからこんなことが行われていたんでしょうか?

 

まず、深山英世社長は退任する際に、退任する理由として、

全棟調査を続ける中で自分(深山社長)が就任した以降の物件についても施工不備が見られた

これを退任の理由の1つとして挙げています。

 

深山英世氏が社長に就任したのが2010年2月なので、少なく見積もっても9年間はこの施工不良を続けてきた可能性があります。

深山英世社長が就任する前の歴代社長は以下の通り↓↓

  • 1985年:深山祐助(みやまゆうすけ)氏によりレオパレス21の事業開始
  • 2006年:大場富夫副社長が社長に就任
  • 2006年:病気が理由により、大場富夫社長から北川芳輝氏に社長交代
  • 2010年:深山英世氏が社長に就任

このような流れになっています。

 

ということは、深山英世社長が言い方の感じからすると、北川芳輝社長の代から建築基準法違反の施工不良が行われていた可能性があるということになりますよね。

もう10年近くこの問題が行われていたようであれば、まず社長の声に入らないはずはないと思います。

なので、組織ぐるみで施工不良を行なっていたと言われてもしょうがありませんね。

 




深山英世社長の退任に関する世間の声

レオパレスしばらく動かないと思ってたら急に上がってきたね
深山社長が退任すると報じられたことによるもの
なんとも気の毒な話ではありますが仕方ないのでしょうか😓
レオパレスの深山社長、社長やめました。
退職かとおもいきや、取締役に降格になる。
あれ?それでいいの?
結局、深山氏の影響力がそのまま残ると思うのだが。
あと、息子さんも以前は副社長なんだけど、今の役職は同じなのかな?
経営陣の個人資産も差押えで。
レオパレス21の不正は会社存続は無理なレベルだね。
ただ家賃保証とか不正建築物件の改修はしっかりやってくれ。
レオパレス21、深山社長退任へ
やめればいいってもんじゃない
きちんと
改修することはもちろんですが 罪があるならこのおっさんを刑務所に入れてくれ
深山社長が関与しないであそこまで高い比率で不良作らないよなぁ
辞めればいいって問題じゃない
お前らが築いた悪しき体制のせいで 、残る社員はこれから地獄をみる
どう始末するんねん
深山社長辞任、しかし尚取締役でいられるとは。
体質が分かりますね。
この会社、信用を取り戻す気があるのでしょうか?

 




深山英世(レオパレス前社長)はなぜ取締役で残る?不正は創業時から?まとめ

今回は「深山英世(レオパレス前社長)はなぜ取締役で残る?不正は創業時から?」についてまとめていきました。

深山英世社長は退任こそされましたが、会社は辞めず取締役へ降格した形になりました。

この決定に世間としては、「けじめをつけたことになっていない」という批判の声が多かったように感じます。

巨額の赤字を抱えてしまったレオパレスですが、復活することはできるのか今後の動向に注目ですね。

大和ハウスが建築基準法違反!レオパレスとの違いは?

2019年5月13日

樋口武男・大和ハウス会長の年収や経歴は?後継は息子?

2019年5月13日

大和ハウス芳井社長の年収や経歴は?大野社長は病気で交代?

2019年5月14日