明石市老人ホームの孤独死が起きた原因は施設の種類が原因!?

ウミ
有料老人ホームって色々種類があるんだね!

 

明石市の有料老人ホームで入居者の90代男性が居室で「孤独死」していたことが発覚しましたが、老人ホームで孤独死するの!?って多くの人が思ったと思います。

この孤独死した男性は遺体が見つかる2週間前には亡くなっていたそうなので、明石市の老人ホームの施設自体の責任も問題になってくると思います。

 

そこで今回は、

  • 明石市有料老人ホームで孤独死が起きた原因
  • 有料老人ホームの種類や特徴

などをメインにまとめていきますね。

 

 

明石市老人ホームで孤独死が起きた場所や施設名は?

2019年5月31日

孤独死の老人ホーム・パーマリィイン明石の運営に問題は?支配人の会見はある?

2019年5月31日




明石市老人ホームの孤独死が起きた原因は施設の種類が原因?

兵庫県明石市の有料老人ホーム施設で、90代男性が孤独死をしてしまう事態が起きてしまいましたが、この孤独死の原因について色々声があがっていますよね。

老人ホームのスタッフ側の責任についての声もあがっているようですが、他にも原因はあると感じました。

 

というのも、有料老人ホームにはいくつか特徴があり、今回の90代男性の孤独死については、有料老人ホームの種類や特徴も原因にあるんじゃないかと感じました。

有料老人ホームと言っても、いくつか種類があるようで、今回の明石市有料老人ホームに関係しそうな、有料老人ホームの種類をまずは紹介します。

 

有料老人ホームの特徴①介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームとは、食事、洗濯、清掃等の生活支援、排せつや入浴等の身体介護、機能訓練、レクリエーション、サークル活動などのサービスが受けられ、介護保険制度上の「特定施設入居者生活介護」の指定を都道府県から受けている高齢者施設です。

その指定を受けていることで「介護付」と表示することができます。施設の職員が介護をする「一般型」と、介護を外部事業所が行う「外部サービス利用型」があります。

出典:有料老人ホームとは?種類ごとの特徴・費用について

 

今回の90代男性が孤独死した明石市の老人ホームは、「介護付き有料老人ホーム」ということなので、上記で説明した介護付有料老人ホームに該当すると思われます。

続いて、もう一つ関連のある有料老人ホームを紹介します。

その老人ホームが「サービス付き高齢者向け住宅」になります。

 

有料老人ホームの特徴②サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、主に自立(介護認定なし)や軽介護度の高齢者を受け入れている賃貸住宅です。
本来は高齢者の居住の安定確保を目的とした住宅ですが、介護サービスを提供しているところもあり、有料老人ホームとの違いや境界があいまいになりつつあります。

居室は原則25㎡以上でバリアフリー化され、日中は医療・介護の有資格者が常駐し安否確認や生活相談サービスを行っています。
供給促進のために国から補助などの支援が実施されています。

出典:有料老人ホームとは?種類ごとの特徴・費用について

 

有料老人ホームには、サービス付き高齢者向け住宅のようなものもあるんですが、家族を見てもらいたい側からしたら24時間スタッフが在中している介護付有料老人ホームのほうが良さそうですよね。

ただ、このサービスの違いも今回の孤独死が起きた原因の1つにあると思います。

 

明石市老人ホームの孤独死が起きた原因は?

この孤独死が起きた原因は、個人的な憶測ですが、

  • 24時間スタッフは常駐しているが、孤独死した男性は「自立」でサービスを受けていなかったため、大丈夫だろうという油断が生まれた。
  • 24時間体制で、介護保険サービスを利用している人が8割入居しているので、優先順位がどうしても介護サービスを利用しているほうが高くなってしまう。

このような原因があるんじゃないかと思います。

 

あわせて、サービス付き高齢者向け住宅であれば、こんな孤独死は起きなかったと感じています。

というのも、サービス付き高齢者向け住宅は医療・介護の有資格者が常駐しているのは「日中」に限られます。

時間が限定されているので、入居者の方が今どんな状態か、この日中の間に把握しておくことが求められると思いますので、より注意深く入居者の方を観察されるんじゃないかと思います。

24時間体制だと時間も制限されていませんし、スタッフ間で情報共有がうまくいっていないと、「この前見かけたし大丈夫だろう」という判断になる可能性はあると思います。

 

と言っても、家族側から見守りを求めていたにも関わらず、発見に2週間もかかったのはどう考えてもおかしいと誰もが感じると思います。

まずは、ここが大きな原因として、追求されていくでしょうね。




孤独死が起きた老人ホームの施設側の対応に関する世間の声

問題があったから2週間も発見されなかったんでしょ。
賃金の、或いは人員対仕事量の多募 無くはない筈だ。
本気で解決する気があるとは思えない。
自立して過ごしてたのは凄いことだと思うけど、だからといって安否確認システムはちゃんとしとかなきゃダメだよねえ…
家族もちゃんといたのに「金払って孤独死」なんてつらすぎる…
だったら老人ホームはいる必要ないような?
普通のアパートで安否確認のIoT機器使うだけでいいよね
老人ホームで孤独死ってニュース、なんか複雑です。しかも2週間と長期。臭い等はなかったのだろうか?
色々と想像がしにくい。
個人的には時計、ネックレス、指輪型でもなんでも良いので体温等で発電して生存のシグナルを発し続ける様なデバイスが必要かもしれない。
なんて事を思う今日この頃です。
現場スタッフの人間関係どうなんだろね。
家族がお願いしてるんだから見ただけじゃダメなんだよ
何で見ただけで判断するんだよ
声かけて話したりもしなきゃ行けないんだよ
迷惑かけちゃいけないとかしっかりしてるように見える人ほど施設の人には隠すんだよ
気づけよ
何が孤独死だ




明石市老人ホームの孤独死が起きた原因は施設の種類が原因!?まとめ

今回は「明石市老人ホームの孤独死が起きた原因は施設の種類が原因!?」についてまとめていきました。

明石市老人ホームの孤独死が起きた原因については、今後明石市の調査でわかってくると思います。

ですが、報道だけを見る限りでは孤独死が起きた施設側の日頃の対応について言及されるのではないかと思います。

老人ホームで孤独死というのも切ないですね。

明石市老人ホームで孤独死が起きた場所や施設名は?

2019年5月31日

孤独死の老人ホーム・パーマリィイン明石の運営に問題は?支配人の会見はある?

2019年5月31日