ドラマ

はじこい2話ネタバレ感想ドラマ見逃し!深田恭子は誰と恋に落ちる!?

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」がスタートしましたね!

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」は、2018年10月~12月に放送されていた大人気ドラマです。

主題歌は、backnumberの「HAPPY BIRTHDAY」で、これもまた、人気の出た曲でしたね。

再放送で、リアルタイムで見ていた方も見ていなかった方も、喜びの反響が多いようですよ。

今回は、

  • ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

初めて恋をした日に読む話動画1話〜最終回はじこい無料視聴!深キョン可愛すぎ!深田恭子さん主演のドラマ『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』の1話が2019年1月15日(火)からTBS系で放送スタートしました!...

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」第2話のあらすじ

・ドラマ第2話「しくじり先生の人生講義!! 元ヤン同級生との運命の再会!!」

順子(深田恭子)の話を聞いて、父親への反発心だけではなく自らの意志で東大受験をすると決めた匡平(横浜流星)。かつて、東大受験に失敗してから前へ進めなかった順子も、匡平の真っ直ぐで熱い思いに惹かれ授業にも熱が入る。

東大受験を経験しているからこそ分かる知識を、時折自虐も加えながら話す順子に匡平も信頼し、いつしか順子に対する匡平の気持ちも変わり始める。

そんなある日、塾長の梅岡(生瀬勝久)が順子を含む塾講師を集めて近隣の高校への出張講師のチラシを配布する。

給料減額の可能性もあると脅され慌てて行く事にした順子だったが、残っているのはみんなが嫌がっている匡平が通うおバカ学校の南高校だけ…。減額だけは避けたい順子は気合を入れる。

早速、打ち合わせのため南高校へ行く順子。偶然にも匡平を見つけ担当の先生を訪ねると、なんと担当の先生は順子と雅志(永山絢斗)の高校時代の同級生で、かつて順子に唯一告白をした山下一真(中村倫也)だった!

運命とも言える再会がさらに波乱を呼ぶ展開に…

⇒初めて恋をした日に読む話1話ネタバレ感想!はじこいドラマあらすじはこちら

⇒初めて恋をした日に読む話3話ネタバレ感想!はじこいドラマあらすじはこちら

ドラマ『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』第2話のネタバレ感想①

由利匡平(横浜流星)は、東大受験をすると決め、塾で順子(深田恭子)に教わることになった。

父親への反発心よりも、自らの意志で勉強をしていることが伝わり、順子も時間を忘れて熱心に、ゆりゆりに勉強を教えます。

不良高校から東大受験という構図が、ドラゴン桜やビリギャルなどを思い出しますね。

 

家に帰ると、15歳の自分が未来の自分へ宛てた手紙が届いていて、

「なりたい自分になれていますか?」

と、今の不安定な崖っぷち人生真っ只中の順子に、ガツンと来る言葉が……。

 

私も、中学生の頃か高校生の頃に、未来の自分への手紙を書いた覚えがあります。

まだ届いていないな、とふと思いましたが、ちゃんと届くものなのでしょうか。

あの頃は、10年や20年先の未来で、郵便料金が高くなることは想像していませんでした。(余談)

ドラマ『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』第2話のネタバレ感想②

美和(安達祐実)と、順子のいとこ雅志(永山絢斗)が、順子の話をしていて、高校時代に順子が勉強を教えていた山下の話をします。

そして、偶然にも、順子は塾の宣伝という名目で、ゆりゆりの通う南高校へ行くことになり、山下(中村倫也)と運命的な再会をはたします。

不良生徒を指導するときの、眉間にしわを寄せている中村倫也も、イケメンですね。

 

順子は、塾の講師から、ゆりゆりの父親が、文科省の局長ということを知り、怖気づくも、

「責任は自分でとるもの」

「親なんて関係ない」

と一蹴。

 

ゆりゆりは、その言葉を聞き、順子のひざに頭を寄せる仕草をしました。

自分を認めてくれる順子にどんどん惹かれていく様子が、たまらないですね。

 

階段から落ちそうになった順子をかばったことで、ゆりゆりは右腕を骨折してしまったが、

「英語は単語をひたすら覚えること。記憶力は、右脳だから、左手を使ってみて」

という順子の言葉に、素直に左手で単語カードを作成して

「ギプス外れるまでに覚えるから」

と約束します。

 

順子の言葉通りの行動をするゆりゆりの健気さにもきゅんとしますね。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』第2話のネタバレ感想③

そして、順子が文系の最難関を受験し落ちたことを知ったゆりゆりは、東大でも最難関の理Ⅲを受験することに決め、ゆりゆりは、順子が好きだと自覚する。

ゆりゆりは好きだと自覚するも、順子は鈍感なのでなかなか気付かないので、最終回まで持ち越しだろうな、と想像が付きます。

今後、どう展開していくのか、わくわくしますね!

 

エンディングでメンズ3人が順子へ電話しようとします。

「今日こそは!」とデートの約束をしようとする雅志。

家に帰って、孤独を感じ、順子に電話しようとする、ゆりゆり。

 

オシャレなバーで、たばこを吸いながら、順子に電話しようとする、山下。

最後の、中村倫也がめっちゃイケメンでした。

 

ほんわかしたイメージのある中村倫也が厳つい顔をしているのが、ギャップがたまりません。

また、順子の名言にも、ドキッとする場面が散りばめられていて、イケメン目当てだったのが、次第に順子にのめり込んでいってしまいますね!

⇒初めて恋をした日に読む話(はじこい)動画1話~最終回無料視聴とネタバレあらすじ感想はこちら