ドラマ

JIN仁ドラマ1期動画フル3話見逃し無料視聴!大沢たかお病気に決意!

ドラマ「JIN-仁-」は大沢たかお主演で、2009年に1期が放送され、その後2011年には完結編となる2期が放送された人気ドラマです。

スーパージャンプにて連載されていた村上もとかの漫画が原作となっていて、何度見ても面白いと話題になっていました!

そこで今回は、

  • ドラマ「JIN-仁-」1期の動画の1話〜最終回までの無料視聴方法
  • ドラマ「JIN-仁-」1期の見どころ、ネタバレ感想

などをまとめていきます。

※一部、ネタバレを含みますので注意してくださいね!

ドラマ「ドラマ「JIN-仁-」1期」第3話の動画を見逃したあなたへ!

ドラマ「JIN-仁-」1期を見逃した方へ!

ドラマ「JIN-仁-」1期は動画配信サービスの「hulu」で期間限定で無料視聴が可能になります。

配信状況は時期によって変わりますので、見逃し配信で無料視聴できるタイミングを逃さないようにしてくださいね!

>>ドラマ「JIN-仁-」全話の無料お試し視聴はこちら

FODプレミムの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。
⇒ Hulu無料お試しトライアルで動画を検索する手順

 

本サイトの配信情報は2020年5月5日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはhuluの公式ホームページを確認してくださいね。

ドラマ「ドラマ「JIN-仁-」1期」第3話の動画のあらすじ

・ドラマ第3話「未来との決別…」

ついに、コロリが江戸で猛威を振るい始めた。

コロリに感染し、苦しむ喜市(伊澤柾樹)や山田純庵(田口浩正)を見て病魔と戦う決意をした仁(大沢たかお)は、緒方洪庵(武田鉄矢)や佐分利祐輔(桐谷健太)らにコロリの治療法を細かく説明。

より効果的にコロリの治療をするためには、当時の江戸にはない「点滴」の技術が必要だと感じ、専用の道具を作ってもらえるように依頼する。

程なくして点滴道具も揃い、まさに全員総出でのコロリとの戦いが始まった。仁の効果的な点滴治療や、龍馬(内野聖陽)らの協力もあり、コロリ患者たちは順調に回復。

そして、勝海舟(小日向文世)の働きかけにより、幕府も全力でコロリ対策に乗り出すことも決定した。

ところが、コロリの治療が大きな前進を見せたそんな矢先、仁の体に異変が…。

治療に専念するあまり、仁もコロリに感染してしまったのだ-。

危篤状態に陥った仁を前に、咲(綾瀬はるか)は--!?

⇒JIN-仁-1期2話〜最終回ネタバレ感想!見逃し配信ドラマあらすじ

⇒JIN-仁-1期4話〜最終回ネタバレ感想!見逃し配信ドラマあらすじ

ドラマ『JIN-仁-』1期第3話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン①

印象に残ったシーン・言葉①『コロリとの戦(いくさ)』

江戸の街で流行っているコロリ=コレラを封じ込めるため、仁先生は、江戸時代にはない医療技術「点滴」の器具を用意してもらうように緒方洪庵にお願いしました。

 

仁先生の治療法を、早く江戸に広めるために、緒方洪庵は西洋医学所の別の先生方に

「南方先生の治療法を医学所の治療法として採用してほしい」

とお願いしました。

 

また、咲の兄、恭太郎もまた、コレラをいかに退治するかを考えた結果、師匠の勝麟太郎(のちの勝海舟)に伝え、そこから将軍さまへ進言してもらいました。

その結果、幕府がコロリ対策の援助を行うことが決まります。

 

コロリ治療のための、器具や薬、消毒のための焼酎などを用意してもらえることになりました。

そんな嬉しい報告を聞いている最中に、最も恐れていたことが起きたのです。

 

仁先生が、コロリに感染してしまったのです!!!

まさかです!ただ、たまに、口の手拭いを外して治療に当たっていたので、そうなるんじゃないかと薄々は感じていましたが、、、

 

仁先生は、診療所を咲に任せ、感染拡大防止のためにも、自分のことは自分でなんとかすると言いました。

とはいえ、点滴などは自分で調整できないので、咲にお願いするしかなく、咲もまた疲労がたまっていきます。

 

器具を届けに来た恭太郎が、疲れ切った咲を見て、

「少し休んだ方がいいのではないか?」

と伝えます。

 

「家に帰って少し休んだ方が、診てもらう方もいいのではないか」

と恭太郎が話しているところに、咲と恭太郎の母がちょうどやってきました。

 

「戻る家などありません。戦の途中で戻る家などありません」

と、お母さんが言います。

 

言葉はキツイですが、着替えとおむすびを持ってきてくれたのです。

実は、咲が2話で仁先生に追い返され、家に戻って祈るだけしかできない自分にむなしさ、悔しさを感じ、再び家を出ていこうとしたときに、母は「今行くなら勘当だ」と反対していたのです。

 

それなのに、恭太郎からの説得や娘を想う気持ちから、着替えとおむすびを用意してくれたのだと思います。

咲がコロリの治療に関わること、そしてその先にある医術への道に関わることに反対していたお母さんもまた、咲の父親がコロリで亡くなったことに、何もできなかった無力さを感じていたのかなと思います。

 

「コロリに勝って、家に戻ってきなさい、3人で」

と、言ってくれたお母さんの優しさに感動して、泣いてしまいましたー!

ドラマ『JIN-仁-』1期第3話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン②

印象に残ったシーン・言葉②『強大な歴史の中での自分の役割』

咲の必死の看病のおかげで、なんとかコロリ=コレラから復活した仁先生。

さらに、江戸の街でも、隔離と予防を徹底したおかげで、コロリ騒動は収束に向かいました。

 

ただ、多くの命を救えなかったこともまた事実ではあるのです。

喜びもつかの間、喜市の母が辻斬りに合って亡くなってしまいます。

その報を聞いた仁先生は急いで喜市の元にかけつけます。

 

気丈に振舞う喜市ではありましたが、

「先生には悪いけど、おいら(コロリから)助からなければ良かった」

と泣きだしました。

 

本来なら、馬に蹴られて死ぬはずだった喜市の母を助け、コロリで死ぬはずだった喜市を助けたことで、今、喜市は「助からなければ良かった」と感じてしまっている・・・。

自分は余計なことをしてしまっているのではないかと感じる仁先生がせつないです。

 

自分は、未来を、未来の医療を変えてしまうようなとんでもないことをやっていると思っていました。

けれど、歴史の力は強大であり、自分がどれだけ人の命を助けたところで、結局、亡くなる人は亡くなってしまう。

 

運命は何も変わらないということに、仁先生は無力感を感じていました。
そんな仁先生に咲は、

「私は運命が変わった。先生と先生の技術に出会ってから、周りが明るく見える。生きていると感じている」

と伝えます。

 

歴史には何の影響がないことなのかもしれないが、例えば咲のように、感じる人が少しずつでも増えるなら、それは意味のあることではないか?と思います。

例え自分のやっていることが、この先の未来に何の影響を及ぼすことがないとしても、ゼロではない限り、精いっぱい自分のできる限りをやってみよう!と決意した仁先生。

これから江戸時代で、仁先生がどのように様々な病気と闘っていくのか、楽しみです。

ドラマ「ドラマ「JIN-仁-」1期」第3話の動画見逃し配信!無料視聴する方法!

ドラマ「JIN-仁-」1期の動画は「Hulu」を使うことで無料視聴することができます。

「hulu」は人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスで、基本料金は月額933円(税抜)ですが現在2週間の無料お試しトライアルを実施中です!

つまり、期間限定で全ての動画を見放題で楽しむことができるんです!

テレビやPCだけでなく、スマホやタブレット、ゲーム機を使っても視聴可能。

もし試してみて、観たいものが観れたら無料期間内に解約することで料金は一切かかりません。

でも、無料期間が終了したとしても、月額933円で全ての動画が見放題というのがかなりお得ですよね!

まずは2週間の無料トライアルを使って、ドラマ「ドラマ「JIN-仁-」1期」動画の全話を観てみるのがおすすめ!

主演俳優・女優さんの関連動画もまとめて視聴もできるものもあるので、huluで視聴してみるといいですよ♪

>>ドラマ「JIN-仁-」全話の無料お試し視聴はこちら

 

FODプレミムの登録の流れがよくわからない方はこちらを確認してください。
⇒ Hulu無料お試しトライアルで動画を検索する手順

 

本サイトの配信情報は2020年5月5日時点のものです。

配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している場合がありますので、現在の配信状況についてはHuluの公式ホームページを確認してくださいね。