ドラマ

グッドドクター日本版ドラマ4話ネタバレ感想!高松咲希の演技がヤバイ!

山崎賢人さん主演の「グッドドクター」ですが、第4話のテーマには虐待が触れられています。

今回も難しいテーマですが新堂先生(山崎賢人さん)の初担当医デビューというのもあって
成長が楽しみですね!

今回のゲストには、日本映画には欠かせないバイプレーヤー俳優の村上淳さん。

その妻役にはドラマ「ゆとりですがなにか」の中国人妻役でも話題になった瑛蓮さんが出演していてお二人の名演技にも注目が集まります!

そこで今回は、

  • ドラマ「グッドドクター日本版」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「グッドドクター日本版」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!山崎賢人さんが主演を務めるドラマ「グッドドクター」。 山崎賢人さんはこのドラマでサヴァン症候群の医師役を演じます。 このドラ...

ドラマ「グッドドクター日本版」第4話のあらすじ

・ドラマ第4話「身元不明の少女を湊が初担当!? 少女の悲しい秘密」

新堂湊(山﨑賢人)は瀬戸夏美(上野樹里)と綾瀬奈緒(川島夕空)の病室に行く。術後の不快感を訴える奈緒だが、稚拙なために夏美は要領を得ない。

すると傍らで聞いていた湊が症状を言い当てた。奈緒や心配していた同室の子どもたち、夏美も湊に感心。

湊と夏美が病室を出るとナースステーション付近で騒ぎが起きていた。緊急搬送された少女が暴れていたが、湊が近づくと静かになる。

少女はオペが必要なのだが、一切話をしないので身元がわからない。しかし、湊は自分が担当医になると高山誠司(藤木直人)に願い出る。

高山や夏美、医局のメンバー全員が反対するのだが、間宮啓介(戸次重幸)が来て湊を少女の担当医にしてしまう。間宮は湊に問題を起こさせようとする猪口隆之介(板尾創路)の指示で動いていた。

湊は張り切って少女を診るが、心はなかなかほぐれない。そんな時、少女の母親、大石薫(瑛蓮)が名乗り出て病院に来た。

少女の名はあかり(高松咲希)。湊は薫にあかりの病状を説明、夏美は言葉を発さない理由を尋ねる。薫は自分があかりの継母だからかもしれないと話した。

薫が帰ると湊は一緒に絵を描こうとあかりに話す。薫が持って来たあかりのバッグにお絵描きノートが入っていたからだ。

しかし、湊がバッグに触ろうとすると、あかりが奪い取る。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。拾い上げた湊に、あかりが「誰にも言わないで」と話しかけて…。

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第3話あらすじネタバレ感想はこちら

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第5話あらすじネタバレ感想はこちら

ドラマ『グッドドクター日本版』第4話のネタバレ感想

「悲しいときは悲しい、痛いときは痛いと言わないと心がつぶれてしまう」

東郷記念病院に緊急搬送されてきたのは、一切話をしない身元不明の少女でした。

新堂先生(山崎賢人さん)は自分が担当医になりたいと希望します。

医局のみんなが反対する中、科長(戸次重幸さん)は少女の担当医になるよう指示します。

しかしこれは新堂先生に問題を起こさせ医院長に責任を取らせ辞任させようとする策略だったのです!

そんなことも露知らず、新堂先生は張り切って少女を見るのですがなかなか心を開いてもらうことが出来ません。

その時、少女の母親(瑛蓮さん)が名乗り出てきたのです!夏美先生(上野樹里さん)は言葉を発せない理由を聞くと、自分が少女の継母だからかもしれないと話しました。

母親が帰った後、新堂先生は母親が持ってきたバックのお絵かきノートを見つけ、一緒に絵を描こうと少女に提案しますが、拒まれてしまいました。

夜、新堂先生が病室に行くとお絵かきノートが落ちていて中身を見てしまった新堂先生に少女は「誰にも言わないで」と言葉を発したのです!

そのノートには、少女と母親の辛い日常、父親(村上淳さん)への思いが綴られていました。

新堂先生は少女に「悲しいときは悲しい、痛いときは痛いと言わないと心が潰れてしまう。」と助言をしました。

この言葉は初担当医になった新堂先生と少女が初めて心を通わせるシーンなので印象に残りました!

昔は、子供の定義として思ったことをすぐ口に出す無邪気さなんかもあったと思います。

しかし、現代に生きる子供には物心つく前から無邪気さを取り上げられ、そのような子供は決して少なくないように感じます。

この世に誕生したときから不景気や共働きが当たり前で、情報も多い日常の中で子供は敏感に察知してしまいますよね。

「我慢すれば」、「心配をかけたくない」そんな言葉を幼い子供に思い浮かばせてしまうこの現代は正解と言えるだろうか。

そう考えさせられるようなシーンでした!

ドラマ『グッドドクター日本版』第4話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン

印象に残ったシーン・言葉『ほんとはね、パパと二人がいい。』

少女は緊急手術が必要な状態に陥ってしまいます!

少女の心の叫びを知った夏美先生(上野樹里さん)は少女の父(村上淳さん)に母親の虐待の事実を手術前に話します。

父は突然の事に頭を混乱させますが、少女のお絵かきノートをみて自分の知らなかった出来事と娘の心の叫びを目の前にして妻との別れを決心しました!

手術は無事成功、そして目覚めた少女は新堂先生の後押しで自分の気持ちを父に打ち明けます。

「パパとママと居ると幸せそうだから、我慢すればいいと思った」
「ほんとはね、パパと二人がいい。」

その言葉を聞いて父は涙を流しながら娘を抱きしめました。

言葉を発しなかった少女が自分の思いのたけを打ち明けるこの言葉とシーンはとても重要な場面でした!

私の考えではありますが、『親』は『子供』を自分のイメージだけで見てしまうことが
多々あると思います。

「私の子供だから大丈夫」、「きっとこの子はこれを欲しがっている」そんな親の主観だけで物事を決めてしまっていることありますよね。

当たり前のことですが、大人も子供も変わらず同じ人間です。

言葉を交わさなければやはりわからないことは多いです。

そして子供は語彙数が少ないだけであって、沢山の言葉を心に秘めているということを
感じることは大切だと思います。

子供は言葉に発しなかったストレスが、病気の症状として体が訴えることは少なくはないそうです。

この少女のように自分の言葉を飲み込んでストレス症状をうったえる子供が少なくなるようにドラマ「グッドドクター」四話を見て、沢山の親や大人がもう一度子供との向き合い方を見つめ直してもらえることを願います!

ドラマ『グッドドクター日本版』第4話ネタバレまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!!いかがだったでしょうか!

第4話では虐待に耐える子供の姿が描かれていました。

今回も目を背けることが出来ない大事なテーマでしたね!

ますます新堂先生達の成長がきになり、続きが楽しみですね!

皆さんも日本版ドラマ「グッドドクター」を見てみませんか?

⇒グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!