ドラマ

グッドドクター日本版ドラマ6話ネタバレ感想!山﨑賢人と父親の虐待で…

山崎賢人さん主演の日本版ドラマ「グッドドクター」ですが、前回に引き続きドラマ「グッドドクター」第6話について話していきたいと思います!

第6話のゲストには「湯を沸かすほどの熱い愛」や「共喰い」などで鮮烈な印象を残している俳優・篠原ゆき子さんが出演しています!

篠原さんはどんな少しの役でも物語に深みを与えてくれる名演技をどの作品でも見せてくれるのでとても期待が高まります!

第六話は「不妊治療を続けた妊婦と赤ちゃん」がテーマです!

そこで今回は、

  • ドラマ「グッドドクター日本版」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「グッドドクター日本版」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!山崎賢人さんが主演を務めるドラマ「グッドドクター」。 山崎賢人さんはこのドラマでサヴァン症候群の医師役を演じます。 このドラ...

ドラマ「グッドドクター日本版」第6話のあらすじ

・ドラマ第6話「私の赤ちゃんを救って…。湊が挑む! 母体か子どもか」

堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。

だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。

そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。

リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。

湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。

だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。これを知った夏美は司賀に報告して…。

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第5話あらすじネタバレ感想はこちら

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第7話あらすじネタバレ感想はこちら

ドラマ『グッドドクター日本版』第6話のネタバレ感想

「私はどうなってもいいんで、この子だけは助けてください」

高山先生(藤木直人さん)に認められ転科の話も無くなり、当直医も任されるようになって新堂先生(山崎賢人さん)は活き活きと働いています!

そんな中、夏美先生(上野樹里さん)は新堂先生の父親を名乗る人物から連絡先を渡してほしいと頼まれたのです!

第四話で新堂先生が幼い頃、虐待を受けていたことを知っていたので新堂先生を心配していました。

そのことを院長先生に相談すると「この件を自分に預けて欲しい」とメモを渡します。

小児科の医局に産婦人科と小児科の合同手術の話が来ました。

出産間近の母親(篠原ゆき子さん)は正常な分娩が出来ないため帝王切開直後に赤ちゃんの手術をしなければいけないという難易度の高いものでした。

母親の一度目の出産は流産になってしまいそれから不妊治療を三年間もの間続けてきたことを夏美先生(上野樹里さん)に打ち明けます。

「私はどうなってもいいんで、この子だけは助けてください」難しい手術だと自覚していた母親は赤ちゃんへの思いを伝えました。

さすがですが母親役の篠原ゆき子さんの演技が素晴らしかったです!

まだ出産はしていないもののおなかの中にいる子を想う感情がひしひしと伝わるシーンでした!

ドラマ「グッドドクター」第四話では虐待も描かれていましたね。

新堂先生も虐待を受けた一人でもあります。

子供の人生や幸せを切実に願う母親もいれば、暴力で縛り付ける親もいるという現状に悲しみを覚えます。

現在、5.5組に1組が不妊治療をしていると言われています。

時間がかかればかかるほど永い出産になるでしょう。

綺麗ごとだと思う方も多いかと思いますが、私の知人の不妊治療経験者は「そのかわり長い時間をかけて母になる準備ができた」と言っていました。

現在日本での児童虐待件数は15万件以上と言われています。

簡単に覚悟もなしに親になる大人が多い結果だと思います。

その現状や背景を知ると長い間不妊治療に悩む夫婦が報われてほしいと切実に願ってしまいます。

ドラマ『グッドドクター日本版』第6話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン

印象に残ったシーン・言葉
『世の中にはどうしても助けられない命がある、でもどんなに自分の無力さに嫌気がさしても患者を助けたいって気持ちはなくしちゃいけない。』

赤ちゃんの母親の手術は難しくリスクが高かったため、夫は赤ちゃんより妻の命を優先させてほしいと手術を拒否していました。

そんな中、新堂先生は病院にきた父親と遭遇してしまい食事の約束をします。

しかし、父親は食事には現れず院長先生(柄本明さん)からお金を受け取って消えました。

父親の目的は最初からお金だったのです。

そのショックから新堂先生は無断欠勤をしてしまい殻に閉じこもってしまいました。

そして出産間近の母親の容態が急変し早急な手術が必要となり夏美先生は新堂先生に呼びかけられ病院に向かいます。

兄の命と引き換えに生き残ったことを悔いていた新堂先生は赤ちゃんの父親にどちらの命も助けたいと説得し最善の手術方法を見つけるのでした。

手術は成功し母親と赤ちゃんの命を助けることが出来ました。

そして夏美先生はまた一つ教わったと新堂先生にこう言います。

「世の中にはどうしても助けられない命がある、でもどんなに自分の無力さに嫌気がさしても患者を助けたいって気持ちはなくしちゃいけない。誰が何と言おうとあなたは立派な医者よ。」

新堂先生が医者として認められた重要なシーンでもありますが、兄の死や父親との確執と向き合い成長したシーンでもあります!

一話から新堂先生を応援してきた視聴者からすればとても微笑ましく印象に残りました!

新堂先生は自閉症、家族を失った過去、父親からの虐待と沢山の苦悩を人生に味わってきています。

しかし、新堂先生は疑いや悪態などをつくことなく自分が掲げた目標に正直に向き合っていますね。

個人的な意見ですが自分の誠実さや向き合い方などについて改めて考えさせられました。

ドラマ「グッドドクター」を見て、いかに自分を取り巻く環境が恵まれているか沢山の方に再確認してより良い明日にしてもらいたいなと思います!

ドラマ『グッドドクター日本版』第6話のネタバレ感想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!!いかがだったでしょうか!

今回の第6話では新堂先生の成長と小児科チームの団結力が見られてとても良かったと思います!

次の第7話では元小児外科患者が再入院してくるお話になります、続きが楽しみですね!

皆さんも日本版ドラマ「グッドドクター」を見てみませんか?

⇒グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!