ドラマ

グッドドクター日本版ドラマ7話ネタバレ感想!福田麻由子が婚約破棄!?

タイトル:ドラマ「グッドドクター日本版」7話ネタバレ感想!見逃しドラマあらすじ山崎賢人さん主演の日本版ドラマ「グッドドクター」ですが、前回に引き続き第七話について話していきたいと思います!

今回のゲストには元小児外科患者の菜々子役として俳優の福田麻由子さんが出演しています!

子役時代から現在にわたるまで様々な役をこなしていてとても息の長い俳優さんと言えるでしょう!

代表作には「女王の教室」、「犬と私の10の約束」などがありますね!

そんな福田麻由子さんの演技にも注目しながら見ていきたいですね!

そこで今回は、

  • ドラマ「グッドドクター日本版」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「グッドドクター日本版」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!山崎賢人さんが主演を務めるドラマ「グッドドクター」。 山崎賢人さんはこのドラマでサヴァン症候群の医師役を演じます。 このドラ...

ドラマ「グッドドクター日本版」第7話のあらすじ

・ドラマ第7話「元小児外科患者が再入院! 結婚直前の2人に悲劇が…」

小児外科でカンファレンスが行なわれている。新堂湊(山﨑賢人)は高山誠司(藤木直人)が質問する森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を正確に答えた。高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰める。

夏美を訪ねて倉田菜々子(福田麻由子)が病院に訪ねて来た。菜々子はかつて夏美が担当した患者。現在は保育士として働く菜々子は、同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。

そこで、夏美から健太郎へ話して欲しいのだ。夏美は健太郎に説明する。卵巣がひとつ残っていれば妊娠も可能だと言う説明に健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。

一方、高山は東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された。経営者として小児外科廃止へ向かう美智は、高山とは一緒にいられないと告げる。高山もチームを必ず守ると別れを承諾。美智は司賀明(柄本明)にも病院の方針を告げた。その時、美智は院長室のゴミ箱に司賀本人の診断書を見つけてしまう。

菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告。だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。菜々子の担当医は本人の希望で夏美となり、伊代と同じ病室に入院する。菜々子は脳に異常はなかったが…。

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第6話あらすじネタバレ感想はこちら

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第8話あらすじネタバレ感想はこちら

ドラマ『グッドドクター日本版』第7話のネタバレ感想

「病気があるってだけでさ、人を好きになっちゃいけないのかな。」

夏美先生が担当した元小児科患者の菜々子ちゃん(福田麻由子さん)が夏美先生を訪ねてきます。

彼女は現在保育士として働いていて、その同僚にプロポーズを受けているそうです。

しかし、菜々子ちゃんは子供のころにした卵巣摘出手術の事をまだ話していないので夏美先生の口から説明してほしいというのです。

片方の卵巣が残っていれば妊娠には問題ないと言われ、幸い彼氏の気持ちは変わらず結婚に前向きに進んでいきました!

そのころ高山先生(藤木直人さん)と理事長の東郷美智(中村ゆりさん)は小児科廃の件を理由に分かれることになります。

そして東郷美智は院長(柄本明さん)にも小児科廃止を告げますが、院長室で院長が癌であることを知って戸惑います。

東郷記念病院に患者が緊急搬送されて来ます。

その患者は問題のなかったはずの菜々子ちゃんが激しい頭痛を訴えて運ばれてきたのです!

診察の結果、菜々子ちゃんはもう一つの卵巣も摘出しなければならなくなります。

そのことを知った婚約者の彼氏は心の不安を夏美先生に相談します。

それを廊下で偶然聞いてしまった菜々子ちゃんと同室の伊代ちゃん(松風理咲さん)と新堂先生。

伊代ちゃんは何度も入退院を繰り返していたこともあり菜々子ちゃんと重なるところが多いそうです。

そして新堂先生にこう言います。

「病気があるってだけでさ、人を好きになっちゃいけないのかな。好きになってもつらいだけなのかな。」

小児科を退院した子供たちは手術が成功したらそれですべてが終わりというわけではありません。

再発の不安や命の尊さを知っている分、ただ一日を過ごすわけにはいかない葛藤があると思います。

病気の経験は何も恥ずかしい事ではありません。

しかし、私も経験がありますが自分を看病する人たちの同じような顔をもう一度見るのはとても怖いのです。

わかりやすく置き換えると、誰にも知られたくない過去や自分の裏側みたいなものを心に抱えている状態かなと思います。

自分と一緒にいると迷惑がかかるかもしれないと生きづらさを皆さんも日常に感じたことがあるかもしれません。

人を好きになるということに障害を与えてしまうのですね。

このシーンは「命を救うだけで医療は終わりではない」とドラマに深みを持たせているように感じ重要なシーンに感じました!

ドラマ『グッドドクター日本版』第7話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン

菜々子ちゃん(福田麻由子さん)の容態が急変し手術が緊急の手術が必要となりました。

菜々子ちゃんは婚約者に指輪を返すよう夏美先生に頼みました。

子供のころから診てきた夏美先生は思うところが多い手術になります。

手術は成功しましたが卵巣はすべて摘出する結果になりました。

しかし目覚めた菜々子ちゃんの左手には婚約指輪がはめられていたのです。

婚約者の彼氏は再度、菜々子ちゃんにプロポーズしました。

「この先俺と居て幸せだって思ってくれるかは分からない。でも、菜々子と居る俺は間違いなく幸せだって。」

そして「本当に私でいいの?」と聞く菜々子ちゃんに

「菜々子がいいんだよ」と告げます。

純粋に最高のプロポーズでした!

女性ならこんなプロポーズに憧れるのではないでしょうか!

今まで一人でかけた問題を一緒に背負って半分にしてくれる相手ができるのはとても素晴らしい事ですね!

菜々子ちゃんの場合は過去と現在の病気でしたが、ストレスの多い現代社会には心身的な病気などを持つ人も多いと思います。

ドラマ「グッドドクター」第七話をそのような人が見て大切な人に心を開いてみようと一歩踏み出してくれることを願います!

そしてなんと菜々子ちゃんは卵子を凍結保存することまでできたのです!

明るい光がちゃんと差されていてよかったですね!

ドラマ『グッドドクター日本版』第7話のネタバレ感想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!!いかがだったでしょうか!

今回の第六話では新堂先生の成長と小児科チームの団結力が見られてとても良かったと思います!

皆さんも日本版ドラマ「グッドドクター」を見てみてくださいね!

⇒グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!