ドラマ

グッドドクター日本版ドラマ9話ネタバレ感想!松風理咲の病気の結末は?

山崎賢人さん主演の「グッドドクター」ですが、前回に引き続き第九話について話していきたいと思います!

今回のゲストには俳優の松井愛莉さんが小児科に入院している患者・伊代ちゃん(松風理咲さん)のお姉さん役で出演しています!

松井愛莉さんは話題のドラマに出演しているだけではなく、東京コレクションのモデルとしても活躍している多彩な俳優さんです!

姉妹の愛など演技にも注目して見ていきたいと思います!

そこで今回は、

  • ドラマ「グッドドクター日本版」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「グッドドクター日本版」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!山崎賢人さんが主演を務めるドラマ「グッドドクター」。 山崎賢人さんはこのドラマでサヴァン症候群の医師役を演じます。 このドラ...

ドラマ「グッドドクター日本版」第9話のあらすじ

・ドラマ第9話「何回手術すれば気が済むの?すれ違う姉妹の想いに湊は…ついに最終章!」

新堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。 東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。

湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里はドナーになると言う。また、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。

亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。

また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。

それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

亮平は伊代の隣の病室に移されて来る。大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていなかった。

一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれる。

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第8話あらすじネタバレ感想はこちら

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』最終回(第10話)あらすじネタバレ感想はこちら

ドラマ『グッドドクター日本版』第9話のネタバレ感想

「お姉ちゃんにも傷が残る。あんな惨めな思いお姉ちゃんには絶対してほしくない。」

ついに東郷記念病院の小児科撤廃が年内に決定してしまいます。

経営を立て直すために高齢者向け医療施設にする話が進んでしまったのです!

そんな時、新堂先生(山崎賢人さん)が担当する伊代ちゃん(松風理咲さん)が倒れてしまいます。

伊代ちゃんがこれからする手術には小腸の磯久が必要で、お姉ちゃんは自分がドナーになると決断し、妹には自分の口から話すと先生たちに頼みます。

一方、高山先生(藤木直人さん)は脳外科の先生から水頭症に加えて骨髄を損傷してしまったバスケ少年・亮平くんの相談を持ち掛けられます。

この亮平君は伊代ちゃんの片思い中の患者だったのです。

そして小児科に任された亮平君は伊代ちゃんの近くの病室に移ることになります。

それを聞いた伊代ちゃんは自分の恋の発展を願って大喜びします!

しかしお姉ちゃんはドナーの件を妹にどう伝えようか悩んでいました。

喜ぶ中、お姉ちゃんが先生達からもらったドナーについての資料を見つけてしまいます。

そして手術を拒否して新堂先生に思いのたけをぶつけるのでした。

「お姉ちゃんにも傷が残る。あんな惨めな思いお姉ちゃんには絶対してほしくない。」

伊代ちゃんとお姉ちゃんは両親を早くに事故で無くし、お姉ちゃんは夢を諦め伊代ちゃんの親代わりとして二人三脚で生きてきました。

そのせいもあってかお互いを想う気持ちが強く、お姉ちゃんは「妹を助けたい」、妹は「お姉ちゃんに傷をつけたくない」とすれ違ってしまいます。

自分の命さえ危ういこの状況で人を想う伊代ちゃんの心に感動する印象深いシーンです!

私なら同じような状況に立たされた時、自分以外の人の事を想うことが出来るのだろうかと考えさせられました。

ドラマ『グッドドクター日本版』第9話ネタバレ!印象に残った言葉・シーン

亮平くんは脳外科から任され小児科に入院していましたが実は副院長(板尾創路さん)の息子だったのです!

小児科撤廃を先頭に立って進めていた副院長は亮平くんを海外の病院に転院させようとします。

しかし転院の当日、亮平くんは激しい頭の痛みで倒れ緊急手術が必要になります。

東郷記念病院の脳外科と小児科の合同手術により見事手術は成功します。

しかし亮平くんの骨髄の損傷はひどく足はもう動かなくなります。

手術後目覚めた亮平くんは手術が成功したのに動かなくなった自分の足を見て心が張り裂けそうになります。

亮平くんの現状を知った伊代ちゃんは自分の手術の事と亮平くんへの思いでずっとふさぎ込んでいました。

それを見た新堂先生は見せたいものがあると伊代ちゃんを中庭に連れていきます。

そこには車椅子に座りながらバスケの練習をする亮平くんが居たのです!

両足が動かなくなった事を知った亮平くんはそれからずっと車椅子バスケの練習をしていたのです!

伊代ちゃんは亮平くんから勇気をもらいお姉ちゃんからもこう言われます。

「伊代を本当の意味で助けられるって嬉しかった。不幸になるためにドナーになるわけじゃない二人でもっと幸せになるためになるんだよ。」

そして伊代ちゃんは手術を決断します!

私はこのシーンで感じたのは病気になったからこそ得ることが出来るものがあるのではないかなと思います。

私にも兄弟がいますが、いることが当たり前になればなるほどそれぞれ自分の人生だけを考えて別々の道を歩いていきます。

それは自然の摂理なのかもしれませんが、この姉妹のように助け合って生きていくことが出来れば理想的だと私は思います。

こうして今、目の前にある命が当たり前ではないことを知って感じる思いがあるのですね。

第八話をみて自分も家族との向き合い方について深く考えなおすことが出来ました!

ドラマ『グッドドクター日本版』第9話のネタバレ感想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!!いかがだったでしょうか!

今回の第九話では何度も手術と向き合う姉妹愛が描かれていました!

ここまで見てきたドラマ「グッドドクター」も次回が最終話です!

果たしてこのまま小児科は撤廃してしまうのか、伊代ちゃんの手術はどうなるのか、続きが楽しみですね!

皆さんも日本版ドラマ「グッドドクター」を見てみてくださいね!

⇒グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!