ドラマ

グッドドクター日本版ドラマ最終回(10話)ネタバレ感想!最後は…

山崎賢人さん主演の「グッドドクター」ですが、前回に引き続き第10話について話していきたいと思います!

今回のゲストには俳優の村川絵梨さんが脳死状態になる少女の母親役としてゲスト出演しています!

瀬戸内寂聴さんの描いた小説を映画化した「花芯」が話題になるなど、舞台などでも大活躍の演技派俳優ですね!

さてドラマ「グッドドクター」は今回の第十話が最終回になります!

小児科チームはどのような結末を迎えるのか!伊代ちゃんの手術は成功するのか!俳優さんたちの演技にも注目して見ていきたいと思います!

そこで今回は、

  • ドラマ「グッドドクター日本版」の動画のあらすじネタバレ感想
  • ドラマ「グッドドクター日本版」の印象に残った言葉・シーン

などをまとめていきます。

※ネタバレを含みますので注意してくださいね!

グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!山崎賢人さんが主演を務めるドラマ「グッドドクター」。 山崎賢人さんはこのドラマでサヴァン症候群の医師役を演じます。 このドラ...

ドラマ「グッドドクター日本版」最終回(10話)のあらすじ

・ドラマ最終回(10話)「」

郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。

これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。

司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。

そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。

高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。

そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』第9話あらすじネタバレ感想はこちら

⇒ドラマ『グッドドクター日本版』全話あらすじネタバレ感想はこちら

ドラマ『グッドドクター日本版』最終回(10話)のネタバレ感想

「この病院じゃなかったらここまで頑張れたかわからない」

話の始まりは伊代ちゃん(松風理咲さん)が突然倒れるところから始まります。

伊代ちゃんは小腸だけではなく肝臓の移植も必要になっていたのです!

しかし、小腸と肝臓の同時移植は国内でも実施された例が少なく極めて困難な手術になります。

そんな時、東郷記念病院に川で溺れ心肺停止状態に陥った少女が緊急搬送されてきます。

心拍は回復しますが、いわゆる脳死状態と病院側は判断します。

夏美先生(上野樹里さん)はこれから家族ができる事をまとめたノートを渡しますが現状を受け入れきれない両親は突き返してしまいます。

そんな中、理事長の東郷美智(中村ゆりさん)は小児科の撤廃を一人考え直していました。

美智は難易度の高い伊代ちゃんの手術が気になっていて伊代ちゃんから話を聞きます。

病院での生活は苦痛ではないか、と心配する美智に伊代ちゃんは「私にとってこの病院は家族みたいなもので、この病院じゃなかったらここまで頑張れたかわからない。」と話します。

重症患者にとって治療期間は病院の中に隔離されているようなものですが、伊代ちゃんは病院を「家」と答えました。

夏美先生や新堂先生をはじめとする医局チームや看護師チームの努力の結果だと思います!

これを聞いた理事長は小児科を経営困難という理由で撤廃させてよいのか?と深く考え直すのでとても印象的なシーンに感じました!

ドラマ『グッドドクター日本版』最終回(10話)ネタバレ!印象に残った言葉・シーン

印象に残ったシーン・言葉『臓器提供を希望した両親から娘への手紙』

脳死状態と判断された少女の担当医となった新堂先生は自分にできる最善のケアを両親と少女に行います。

そうしていくうちに両親は娘の脳死を少しずつ受け入れ、残りの時間をどう過ごしていくかを考え始めます。

そうしていくうちに両親は遠くに離れていてもどこかで生きていてほしいという気持ちで臓器移植を決断します。

少女の肝臓は伊代ちゃんの体と適合して手術は行える状況になりました!

しかし、病院の理事側は断固拒否し手術をした場合病院への融資を打ち切ると脅してくるのです。

小児科の重要さを再確認して考え直していた理事長の東郷美智は融資の拒否を言い渡し、伊代ちゃんの手術を決定!

小児科の撤廃も取り消し理事たちを引き下げました!

そして少女とのお別れの誕生日会に母親は少女に書いた手紙を読むのでした。

「ママはまだ信じられません。パパとママは何度も何度も神様にお願いしました。
またあの笑顔を見せておしゃべりをして抱きしめて欲しい。
毎日毎日お願いをしました。
神様はその願いを叶えてはくれませんでした。
そんな時病気で困っている人に体の一部を分けてあげられることを知りました。
どうしてもバイバイしたくなくて分けてあげることに決めました。
いやだったらごめんね。痛かったらごめんね。
これからは離れ離れになってしまうけれど、ずっとずっと愛しています。
最後にパパとママの子供に生まれてきてくれて本当にありがとう。」

とても重要な手紙だったのでカットせず書かせてもらいました!

まず村川絵梨さんの演技が素晴らしかったです!

村川絵梨さんの演技を始めてみたのはドラマ「ルーキーズ」だったのですが、高校生役でまだまだ若い女優さんというイメージでした。

ですが「花芯」のような難しい女性の役や舞台などで培った演技法で臓器移植を決断する難しい母親の気持ちを表現しています!

改めて俳優さんは凄いなと感じるシーンで印象に残りました!

ここで触れられている脳死状態の期間は一週間でしたが一年や二年、それ以上を脳死状態で過ごす方もいます。

個人的な話になりますが私の友人は二年間の間、病院のベッドの上で目覚めない日々を送りました。

はじめは友人の家族はもちろんのこと私も現実を受け入れることが出来ず、手術をした先生を疑ったりもしました。
そこから月日がたつごとに未来への期待と不安が高まっていくばかりで、友人の家族の心身も疲れているように私には見えました。

そして目覚めなくなってから二年がたったころ息を引き取りました。

このドラマでは臓器移植を決断しましたが、これはとても大きな決断です。

心臓が動く限り、手を握れば握り返してくれる期待がある限り、どこにも行ってほしくないと思うことのほうが現実に近いのではないでしょうか。

確かに臓器移植を待つ人は大勢いますが、目覚めない子供の命を諦めたくない家族も大勢います。

私はその出来事をきっかっけに臓器提供意思表示カードを持つようになりました。

もし私に何かが起きた時、私の臓器を待つ人が罪悪感なくバトンをつなげられるように。

私の家族が自分たちの決断で命を止めたと苦しまないように、私は私の意思で自分の体の使い道を決めたいからです。

なにか起きた時、大切な人を悩ませない方法を今一度みなさんも考えていただきたいなと願います。

 

臓器提供、小腸移植、肝臓移植、三つの手術は無事に成功します!

伊代ちゃんは湊先生が担当医でよかったと感謝し少しして退院が決まります!

そして後日、臓器提供をした家族のもとに伊代ちゃんから手紙が届きます!

伊代ちゃんの手紙には臓器提供によって今の人生がある事の感謝と医療に携わりたいとゆう夢、そして貰った命とずっと生きていくという強い意志が書かれていたのです!

ドラマ『グッドドクター日本版』最終回(10話)のネタバレ感想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!!いかがだったでしょうか!

今回の第10話では臓器提供を決断する親の葛藤が描かれていました!

ここまで見てきたドラマ「グッドドクター」も終わってしまい少し寂しく感じます。

全10話すべて違った問題提起をするドラマだったので凄く考えさせられる時間でした。

このドラマ「グッドドクター」を見て、もう一度自分との向き合い方を考え、より良い明日に繋げてくれる人が一人でも多くいることを強く願います!!

皆さんもこの休日にドラマ「グッドドクター」を見てみてくださいね!

⇒グッドドクター動画日本版1話~最終回無料視聴!山崎賢人の湊に号泣!